保育士のカリスマを目指して


by pwkdr4d0mu

カテゴリ:未分類( 67 )

 大阪府東大阪市の中古車販売店で10日夜、なたのような刃物を持った男が、店長を切りつけた殺人未遂事件で、約30分前から店の周辺をぶらつく不審な男が目撃されていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。店長は切られた際の衝撃で右足と右肩を骨折していたことも判明。河内署捜査本部は逃げた男の特定を急ぐ。

 府警によると、東大阪市西鴻池町の中古車販売店「ダイエツオート」で、明田行平店長(32)が午後8時ごろ店を閉め、戸締まりをしていた8時20分ごろ、突然、背後から襲撃。足や肩など6カ所を長さ10〜20センチにわたって切られ、重傷を負ったという。

 捜査関係者によると、閉店直前の7時50分ごろから店の様子をうかがう緑色のつなぎの作業服の男が、複数の通行人らに目撃されていた。また事件直後にも現場から急いで立ち去る男が目撃されていたという。

【関連記事】
幼な子の前で…別居中の妻に切り付け自殺図り重傷 離婚調停中
入店直後、最短距離の男性襲う 大阪のパチンコ店刺殺
「殺したろか」深夜に50歳女性、顔切りつけられけが 大阪・浪速
居酒屋で客切りつけた容疑で逮捕 川口
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
未来の科学技術 31年に宇宙旅行 40年に有人月面基地(毎日新聞)
共有ソフトPDで人気アニメを“一次放流”の男、逮捕(産経新聞)
<雑記帳>東京ディズニーランド 1万組目の結婚式(毎日新聞)
<口蹄疫>対応人員の増派を検討 菅首相(毎日新聞)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-06-15 12:16
 議会出席を拒む一方で職員賞与の半減を専決処分するなど、特異な市政運営を続ける鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)について、同市の市民団体「阿久根の将来を考える会」(川原慎一会長)は参院選後にリコール(解職請求)運動を始めることを決めた。29日に運動組織の結成を発表する。

 7月11日投開票予定の参院選後に署名集めを開始。解職の賛否を問う住民投票を年内にも実施し、過半数の賛成で解職に追い込みたい考え。川原会長は「多くの市民から竹原市政への批判と辞職を求める声が出ており、行動するしかないと判断した」と説明する。

 同会は20〜40歳代の市民約50人が「市を良くするため率直に話し合おう」と今年1月に作った。今月17日から市内各所で市民懇談会を開き、竹原市政を検証。参加者から、市政運営を批判する声が相次いだという。

 地方自治法に基づく市長解職の住民投票は、市有権者約2万人の3分の1以上、約6700人の有効署名で成立する。過半数が解職に賛成すれば市長は失職し、50日以内に出直し市長選が行われる。

 竹原市長は、市議会の2度の不信任決議で失職し、昨年5月の出直し市長選で再選された。【馬場茂】

【関連ニュース】
【写真特集】写真で見る阿久根市長
<阿久根市長>「花火するな」 議会側反発
<阿久根市長>「給料払わん」 判決を無視
<阿久根市長>「職員、市議らのボーナスは半減」
<阿久根市長>市体育協会の会長職を要求

郵便不正 弁護側「異例の判断」 検察側は敗北感にじませ(毎日新聞)
子ども手当申請、山形で不要の年金番号欄(読売新聞)
レプリカ金塊に賛否両論 兵庫・淡路市の史料館(産経新聞)
F22が嘉手納到着、朝鮮半島緊張で前倒し(読売新聞)
<脱税容疑>東京の建設会社と社長を告発 東京国税局(毎日新聞)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-06-03 17:23
【法廷ライブ SS元船長初公判】(1)

 《国際条約に基づく合法的な日本の調査捕鯨活動に対する妨害行為が初めて裁かれる−。環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーによる日本の調査捕鯨妨害事件で、艦船侵入や傷害など5つの罪に問われたSS抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)の初公判が27日午前10時2分、東京地裁(多和田隆史裁判長)で始まった》

 《SSは米国に本拠地を置く反捕鯨を主張する団体だ。国際的に知られる環境保護団体「グリーンピース(GP)」の幹部だったカナダ出身のポール・ワトソン代表が路線対立からGPを事実上追放された後、1977年に設立した》

 《「海洋生物の保護」を目標に掲げ、捕鯨船を沈没させるなど世界各地で過激な抗議活動を展開。日本の調査捕鯨船団に対しても2007(平成19)年から薬品入りの瓶を投げ付けるなど、乗組員らを負傷させる危険な妨害行為を繰り返してきた》

 《08(同20)年1月には、SS活動家2人が日本の捕鯨船に乗り込んでくる事件が発生し、船員らは2人の身柄を拘束。逮捕も可能だったが、日本政府は国際的な批判を恐れ、反捕鯨国である豪政府の求めに応じて2人を釈放した。この対応をめぐり、「弱腰だ」との批判が出たことで、政府はSSへの対応を徐々に強硬路線に転換させた》

 《そんな中で起きたのが今回の事件だ。起訴状によると、ベスーン被告は今年2月11日、南極海で航行中の日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に酪酸入りのガラス瓶を放ち、異臭を拡散させて業務を妨害、乗組員1人にけがをさせたほか、同月15日には、第2昭南丸に水上バイクで接近、防護用ネットをナイフで切り、船内に不法侵入するなどしたとされる》

 《前回の“反省”や、SSの暴力的な抗議活動に国際的な批判が高まっていたこともあり、日本政府はベスーン被告を25日間かけて日本に連行し、3月12日に艦船侵入容疑で逮捕した》

 《ただ、起訴して日本で裁くかについては慎重論もあった。裁判になれば、ベスーン被告が法廷で反捕鯨をPRすることが予想され、SS側の思惑通りになるからだ。しかし東京地検は、被害が失明の可能性もあったことなど妨害行為の悪質性を重視。「法廷が反捕鯨のPRに利用されるからといって立証可能な犯罪行為を処罰しないわけにはいかない」(検察幹部)などとして、4月2日、ベスーン被告を起訴した》

 《こうした経緯から、反捕鯨国など世界中が、ベスーン被告が公判で何を語るかに注目しているといっていい。ただ、勾留(こうりゅう)中のベスーン被告は初公判を控え、産経新聞との接見に応じ、法廷闘争を求めるワトソン代表について、「日本の捕鯨は許せないが、私は家族を持つ普通の人間であり、サムライのような闘士ではない。ワトソンは間違っている」と、ミゾをうかがわせた。「家族が恋しい」と弱音も見せ、法廷では真実を話すが、できれば長く勾留されたくない」と公判の長期化を避けたいとの思いもにじませている》

 《公判が行われるのは、東京地裁では中規模の426号法廷だ。開廷前には、わずか18枚の傍聴券を求め、427人が長蛇の列を作った。開廷予定時間を少し過ぎた午前10時1分、多和田裁判長は地裁職員に「傍聴人の入廷は終わりましたか」と確認した後、「それでは被告を入廷させてください」と告げた》

 《ほどなくして、ベスーン被告が向かって左側の扉から、3人の刑務官に付き添われて姿を現した》

 《長身で黒いスーツに白いワイシャツ姿。頭髪は短く、ほぼ丸坊主の状態だ。水色のスリッパをはいている。左耳には通訳の声を聞き取るためなのか、イヤホンが取り付けられている》

 《25日間に及んだ日本への移送中、第2昭南丸の船員らと同じ肉や魚料理などを残さず食べ、日本語で「おいしかった。ありがとう」とお礼を言う場面もあったというベスーン被告。顔色もよく、健康状態は相変わらず良好のようだ》

 《落ち着いた様子で傍聴席に目をやりながら、弁護人の前の長いすにゆっくり腰を下ろした》

 《午前10時2分、多和田裁判長が声を発した》

 裁判長「それでは開廷します。通訳人の方は宣誓してください」

 《多和田裁判長の左前方に座る金髪の若い女性通訳が、「良心に従い…」と日本語で宣誓書を読み上げた。多和田裁判長は「それを説明してください」と通訳を促し、通訳が英語でベスーン被告に説明する》

 《多和田裁判長は不規則発言の禁止や、みだりに席を立たないことなど傍聴人への注意事項を述べた。ベスーン被告は手を前に組み、傍聴席を眺めている。無表情で落ち着いた様子だ》

 《多和田裁判長に促され、ベスーン被告が証言台の前に立つ。人定質問が始まるようだ》

 裁判長「名前を述べてください」

 被告「ピーター・ジェームス・ベスーンです」

 裁判長「生年月日はいつですか」

 被告「1965年4月4日です」

 《女性通訳のやや早口の通訳の後、速やかに答えていくベスーン被告》

 裁判長「日本における住所はありますか」

 被告「ございません」

 裁判長「職業は何ですか」

 被告「キャプテン(船長)です」

 裁判長「今から検察官が起訴状を朗読します。立って聞いていてください」

 《うなずくベスーン被告。男性検察官が立ち上がり、よく通る声で起訴状の朗読を始めた。ベスーン被告は背筋を伸ばして手を前に組み、検察官の方を見つめながら聞き入っている》

 《検察官が起訴状朗読を終えると、多和田裁判長が、弁護人から出された求釈明について、発言を求めた。弁護人は起訴状に記載された「SS構成員らによる調査への妨害行為の排除等の業務」の「排除等」について、例示的に示すよう求め、検察官は、妨害行為の排除業務と第2昭南丸の安全航行のための操船業務などだと説明した》

 裁判長「それではこれから事件に対する被告の陳述に入ります」

 《いよいよ罪状認否が始まるようだ。多和田裁判長は、黙秘権について説明した後、ベスーン被告に語りかけた》

 裁判長「それでは尋ねます。先ほど検察官が読み上げた起訴状の事実について、どこか違うところがありましたか」

 被告「はい。まず傷害罪については否認します。私はいかなる人にも傷害を負わせる意図はなかったからです」

 《ベスーン被告は引き続き、落ち着いた様子で、通訳の方を見ながら発言を続ける》

 被告「あと、酪酸入りの瓶を投擲(とうてき)したことは認めますが、その背景については、いろいろ事情があるので、審理の中で明らかにしていきます」

 「銃刀法違反は認めます。ネットを切断したことも認めます」

 裁判長「艦船に侵入した事実も認めますか」

 被告「第2昭南丸の中に入ったことは認めますが、それには正当な理由がありました」

 《通訳を挟んでいるためか、質問がややかみ合っていないようだ。多和田裁判長が再度尋ねる》

 裁判長「侵入防止用ネットをナイフで切断して、艦船に侵入した事実も認めますか」

 被告「はい」

 《多和田裁判長は納得したようだ。弁護人の意見を尋ねる》

 弁護人「傷害の故意、因果関係、結果の程度については争い、そのほかの事実については認めます」

 =(2)に続く

【関連記事】
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 
傷害罪の成否カギ シー・シェパード元船長、きょう初公判
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
シーシェパード元船長 傷害を否認 調査捕鯨妨害初公判
「クジラを食べるな」DNA鑑定まで駆使し“日本食監視”

「実行犯」の男性 北海道で自殺か 朝日阪神支局襲撃(産経新聞)
朝日新聞阪神支局襲撃“実行犯”名乗った男性自殺? 北海道で白骨化(産経新聞)
板垣さん発見15個目の超新星 重力崩壊で最軽量(産経新聞)
<口蹄疫>3月には感染 被害1市4町に 初動遅れに不満(毎日新聞)
<不同意堕胎>逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-05-27 14:48
 提訴から2年余、B型肝炎訴訟の和解協議が14日ようやく始まり、放置されてきた予防接種による感染被害者の救済が一歩近付いた。この日、法廷に入った札幌市内の匿名原告の女性(43)は、病気が原因で何度も転職を余儀なくされた。感染が分かってからの20年、「差別と偏見の中で生きてきた」と語る彼女は、訴訟の解決がB型肝炎という病気を知ってもらう機会になることを、強く願う。【久野華代】

 23歳の時の血液検査で、B型肝炎のキャリアー(持続感染者)と診断された。母親は感染しておらず、子供のころに輸血を受けた経験もない。集団予防接種による感染が疑われた。自覚症状はなく「これまでの生活と変わらない」と深刻に受け止めなかったが、周囲は違った。

 検査のため会社を休んだら、日常生活では通常感染しないにもかかわらず「病気がうつる」との間違ったうわさが広まった。仕事以外で話し掛けてくれる同僚がいなくなり、いづらくなって2年後に辞めた。感染を打ち明けて相手の態度が変わることを恐れ、恋愛や友達付き合いもおっくうになった。

 退職後、青年海外協力隊に応募した。持っていた幼稚園教諭の資格を生かし、開発途上国の子供たちの教育に携わりたいと思ったからだ。だが、試験は不合格。理由を尋ねたら「病気を治してから来てください」と言われた。応募時に提出した血液検査結果が問題視されたのか。「語学力や専門知識が足らないなら、勉強してもう一度トライすればいい。だけど、この体は克服できない」と思い、挑戦は一度きりで終わった。

 結婚、出産、その後の離婚を経た06年、既に肝硬変の一歩手前の慢性肝炎に悪化していることが分かった。この時、長女はまだ3歳。「このままだと肝がんになり、お子さんが大きくなるまで生きられない」と医師に告げられ、強い疲労感や治療のため、会社を辞めた。

 今は肝臓の数値も落ち着いているが「私が死んだら、娘の成長を支える経済的基盤がなくなる。高校にも行けなくなる」との不安が消えることはない。

 この日の法廷。謝罪も具体案の提示もない国側の対応には誠意を感じられず、怒りがこみ上げた。解決の日はいつなのか。

 「仕事も、恋も、夢も、みんなウイルスに阻まれてきた。和解内容には、国の責任でB型肝炎の正確な知識を伝えることを盛り込んでほしい」

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁
B型肝炎訴訟:弁護士や医師の卵 朗読劇で原告支援
B型肝炎訴訟:和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」
B型肝炎訴訟:閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で

<カキツバタ>雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)
<一酸化炭素中毒>塗装会社社員が死亡 新日鉄君津で作業中(毎日新聞)
MOX燃料加工工場に許可 核燃料サイクルつながる(産経新聞)
小沢氏3回目の聴取 東京地検、「起訴相当」議決受け(産経新聞)
「マネとモダン・パリ」展10万人突破(読売新聞)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-05-18 19:02
 光回線などを使うブロードバンド(高速大容量)通信の普及策を議論する総務省の作業部会は14日に会合を開き、NTT組織再編の方向性を示す。電話局と家庭を結ぶ回線事業をNTTから分離するよう提案する見込み。ただ、NTTからの反発が予想され、調整は難航しそうだ。
 作業部会のこれまでの議論では、ブロードバンド通信の普及には、通信会社間の競争を促して利用料金を引き下げることが必要との指摘が出ている。通信各社がより安く回線を借りられるよう、回線事業をNTTグループ内で独立させる方法や、グループ外での別会社化といった複数案を示すことが有力視される。 

【関連ニュース】
NTT再編論議が本格化=光回線敷設会社の分離案も
光回線純増、前年度並み=210万件が目標-NTT東西の10年度
NTT接続料の現状維持を再要望=通信19社
NTT西に業務改善命令=顧客情報の漏えい問題で
「ひかり電話」の利用者約3万6千人に通話料金を過大請求=NTT東西

もんじゅで誤警報か=運転に影響なし−原子力機構(時事通信)
末期がん患者への介護サービス迅速化を―厚労省(医療介護CBニュース)
検証 医療ツーリズム元年(3)「言葉をつなぐ」(医療介護CBニュース)
青野正「テツモジ」展(産経新聞)
<原爆の子>サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-05-11 03:24
 自民党は21日午前、党本部で党紀委員会(中曽根弘文委員長)を開き、新党「たちあがれ日本」を結成した与謝野馨元財務相ら4人の離党届の取り扱いを協議したが、意見がまとまらず、結論を先送りした。

 会合では、衆院比例東京ブロックで当選した与謝野氏を除名する一方、選挙区で当選した3人の離党届を受理すべきだとの意見が大勢を占めたが、全員の離党を認めるべきとの声も出た。中曽根氏は会合後、結論先送りの理由を「党則では新党(結成)が想定されておらず、もう一度、慎重に議論することになった」と記者団に説明した。

【関連記事】
社説検証 平沼・与謝野新党旗揚げ
「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
「たちあがれ日本」がネットで好評?
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

介護職員のたん吸引など実施へ法案提出―来年の通常国会に(医療介護CBニュース)
幻の軍師は実在した…有形文化財の信玄書状に「山本管助」、浮かび上がる人物像とは(産経新聞)
保育園で36人食中毒、4歳児が一時入院(読売新聞)
授業料無償化も遺児は進学困難、あしなが募金を! 理解訴え(産経新聞)
家庭に眠るライター回収検討へ…省庁担当者会議(読売新聞)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-04-24 09:34
 今年度から支給が始まる「子ども手当」。4月中旬から下旬にかけて、各自治体で申請手続きが本格化する。中学校卒業までの子供1人当たり、初年度は月額1万3千円、次年度からは月額2万6千円の予定。子ども手当を当て込んだビジネスも活気で、どのような使い道が考えられるのか。(津川綾子)

 ◆大学入学まで300万

 「共働きだが、昨年からボーナスが大幅減。今のうちに子供の将来の学費に備えたい」。1歳の長男がいる京都市下京区に住む育休中の女性会社員(32)は、子ども手当を丸々学資保険の積み立てに充てるつもりだ。

 ベネッセ教育情報サイトの調査(複数回答)では、中学生以下の子供を持つ保護者の約5割が「学資保険、積み立てや貯金」と回答。手当は「将来の学資に」とのニーズは高い。

 複数社の保険商品を紹介する「ほけんの窓口」を全国展開する「ライフプラザホールディングス」(東京都渋谷区)のファイナンシャルプランナー、川又友香さん(29)は「大学入学のために必要な資金は額が確定している。逆算して積み立てようと学資保険への関心は高い」と話す。

 川又さんによると、大学に備えるなら入学金と初年度分の授業料、できれば次年度分くらいを貯(た)めるのが、最低限の目安となる。日本政策金融公庫(千代田区)の調べでは、私立大で入学費用は101万円、授業料や通学費が年間154・6万円かかる。「(子供が誕生してから)月に1万3千円程度を(手当終了後も)積み立てれば、18歳の大学入学時には300万円程度に。初年度の子ども手当の金額は確かに目安となる」(川又さん)

 ◆学習塾は様子見?

 これを好機にと、アフラック(新宿区)は今月、学資保険の取り扱いを強化した。同社の学資保険を扱う銀行は153行(4月1日現在)となり、昨年12月より3割増。今月中旬以降、「子ども手当が支給されます」と書いたチラシを銀行店頭に置く。

 「子ども手当は保険会社だけでなく、銀行にとっても振込先として口座指定を受けるチャンス。せっかくの手当をうっかり“子供以外”で使わないようにするのに学資保険は子育て世帯に使い勝手がよいはず」と、同社金融法人企画課の鈴木みなみ副長。

 一方、学習塾はどうか。学研エデュケーショナル(品川区)が展開する「学研教室」は東日本の約8千教室で子ども手当支給の6月に合わせ、毎年夏休み開催の「特別教室」を初めて前倒しして開催。算数・国語を4回4千円で試せる。同時に、「月謝が英語も含めた3教科で1万2千円(小学生)と子ども手当の範囲内に収まることをアピールし、新たな会員増を狙う」(担当者)。

 ただ多くの塾では「キャンペーンの予定なし」が目立つ。次年度以降に倍額となれば一部を学習塾に充てる家庭も出てくるとみられ、今年度は様子見のところが多いようだ。

 ■親子で食育−ホテルも新たな宿泊プラン

 「グランドプリンスホテル赤坂」(東京都千代田区)は子ども手当の支給が始まる6月から、宿泊プラン「親子で食育教室ステイ」を始める。

 手当対象の4〜15歳で、価格は支給分と同額(大人は別料金)。ホテル料理長と築地市場で食材を買い、ホテルの厨房(ちゅうぼう)で料理するといった学習体験が盛り込まれている。

 成瀬好哉料理長は「魚の切り身しか見たことがない子が本来の魚の姿を見たり、働く大人の姿にふれ合える機会。実体験から何かを学んでもらえたら」と話す。

【関連記事】
「子ども手当」どう使う? 関西ママは節約志向
「子ども手当て」がカギに? 進学塾“経営力”ランキング
子ども手当2万6千円「妥当」が5割超、20〜30代の既婚者調査
子ども手当、自治体に外国人の問い合わせ殺到
子供が死亡した家に「子ども手当」申請書誤送 港区

ゴルフ場スイング火災、砂地にダフり火花?(読売新聞)
心肺停止の男性死亡=都営バスに追突−東京(時事通信)
略称「日本」重複、止める手だてない…総務相(読売新聞)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
「首長新党」と連携も=前原国交相(時事通信)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-04-21 17:25
 上空の強い寒気と本州南岸で発生した低気圧などの影響で17日朝、関東地方の広い範囲で雪が降った。東京都心や宇都宮、前橋、埼玉県熊谷、横浜、甲府市での17日の降雪は、観測開始以来最も遅い記録(1969年)に41年ぶりに並んだ。千葉では、過去最も遅い降雪日の記録(88年4月8日)を更新した。

【天気予報】気になる天気はこちらでチェック

 雪の影響で、17日午前6時半ごろ、上越新幹線上毛高原駅(群馬県みなかみ町)でポイントが切り替わらなくなり、4本が運休し最大で100分の遅れが出た。東北新幹線でも1本運休し、両新幹線で計約1万人に影響が出た。地下鉄都営三田線は、東京都板橋区の車庫内で線路の切り替え部分が凍結し列車が出られなくなり上下線計30本が運休、約1万5000人に影響した。また、首都高速の埼玉新都心線や埼玉大宮線、東北道などで一時、通行止めになった。

 将棋駒の産地・山形県天童市の「人間将棋」は、舞鶴山山頂から市民文化会館内に会場を変更。山形地方気象台によると、山形市では4月として過去最高の19センチの積雪を観測した。福島競馬場(福島市)は予定していた全12レースを19日に延期。同競馬場で降雪による延期は初めて。【飯田和樹、鈴木健太、長田舞子】

【関連ニュース】
野菜高騰:政府が緊急対策 出荷前倒し要請、規格外供給も 値下がりは連休明けか
野菜高騰:スーパーは出血覚悟の「大放出セール」
野菜高騰:政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か
野菜高騰:天候不順でキャベツ6割増し もつ鍋店悲鳴
【天気予報】週間天気予報はこちらでチェック

郵便不正公判 「自立支援法」供述 副検事が誘導認める(毎日新聞)
松本死刑囚の写真、今も…オウム施設を検査(読売新聞)
参院で議員控室交換の引っ越し始まる(産経新聞)
<普天間移設>連立内から「5月末は無理」(毎日新聞)
喫煙やめたい人集まれ!神奈川県が「卒煙塾」開設(産経新聞)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-04-19 20:35
 長野県の諏訪大社御柱(おんばしら)祭は9日、舞台を上社から下社に移して山出しで開幕、勇壮な「木落(きおと)し」が行われた。

 この日登場したのは、同県下諏訪町内の山間部にある棚木場(たなこば)から曳行(えいこう)された3本の御柱。氏子を乗せ、長さ約90メートルの坂を勢いをつけて滑り落ちるたびに、約2万人の観客から大きな歓声がわき起こった。

 下社の木落しは、「男度胸の見せどころ」ともいわれ、11日までの3日間で8本の木落しが行われる。

【風】高校授業料無償化 「学びやすい環境」の一助に(産経新聞)
【関西あれこれ アニバーサリー】虹のまち 開業40年(産経新聞)
平沼新党、午後に旗揚げ(時事通信)
仕分け第二弾 民間仕分け人31人を内定 外人は除外(産経新聞)
飲酒運転違反者講習実施へ=カウンセリングや依存度テストも−警察庁(時事通信)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-04-12 20:16
 4年前、毎日新聞の投書欄「みんなの広場」で70歳を超える男性が「立ち上げる」への違和感を表明し、NHKに乱用の「言語的根拠」を問いただしていた。

 毎日新聞用語集では「誤りやすい慣用語句」のコーナーで「コンピューターのソフトを起動させるなどの場合以外には使わない。『設立する』『組織する』『スタートさせる』『つくる』『設置する』『起こす』など表現を工夫する」と言い換えを指示している。00年3月14日の当コラムなどでも取り上げられ、拡大解釈にクギを刺していた。ところが、08年発行の広辞苑第6版に「立ち上げる」の意味として「組織・企業などを新しく始める」が付加された。むしろ、凡庸に映る「設立する」より、能動感あふれる「立ち上げる」のほうが世間では魅力的なのかもしれない。

 投書の男性の言語的違和感は、「立ち上げる」を「立つ」という自動詞プラス「上げる」という他動詞の複合動詞と見るからだろう。「立ち上げる」自体を一つの他動詞と理解すれば受け入れやすいかと思う。とはいえ、「立ち上げ」の“隆盛”にお手上げの私個人の意見を言えば、「誤りやすい慣用語句」から外す時期に来ているように感じる。    【校閲グループ・林田英明】

            ◇ 

 ◇00年3月14日の「読めば読むほど」

 「最近頻出する『立ち上げる』という言葉には違和感を覚えます」というお便りをいただきました。

 確かに近ごろ、政治家が○○審議会を「立ち上げ」たり、財界人の××推進会議が「立ち上がっ」たりする記事を目にするようになりました。これらは「発足させる」「(組織などを)結成する動きを見せる」というような意味で使われますが、もともとはコンピューター関係の技術者の方々が使いだしたようです。

 必要な操作をして、コンピューターを稼働できる状態にすることを、他の機械一般と同様に「起動させる」と言いますが、それを話し言葉で平易に表現しようとしたのでしょう。「起」の連想で「立ち上がる」、さらに「させる」という使役の動詞の連想で下一段型の活用に変化させて「立ち上げる」−−こんな推測をしています。ただ「立ち上がる」という自動詞の感覚が残るため、「〜を」という目的語をとった他動詞の使い方に違和感が生じるのではないかと思います。

 辞書に載ったのも最近のことで、広辞苑(岩波書店)では1998年11月11日発行の第5版第1刷から登場しています。しかし、コンピューターに限っていて、前述のような「発足させる」という意味の拡大解釈は採用していません。

 毎日新聞でも98年6月に定めた内規で「『立ち上げる』はコンピューター以外には極力使わない」ことにしています。

 でもやっぱり、政治家の方々や財界の方々は、「使役」の動詞がすきなんでしょうね……。【松居秀記】

「しごと館」を宇宙ミュージアムに=松本零士さんが首相に要望(時事通信)
<政党機関紙配布>74年の判例疑問視 「逆転無罪」判決(毎日新聞)
金沢のスーツケース遺体事件、出頭の男逮捕(読売新聞)
<大阪市営地下鉄>谷町線で逆走 昨年9月、初歩的ミスで(毎日新聞)
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結(産経新聞)
[PR]
by pwkdr4d0mu | 2010-04-07 19:35